チェコ・就労ビザ(Employee card)の更新が完了しました。

チェコ・就労ビザ(Employee card)の更新が完了しました。

チェコで働くには、就労ビザ(Employee Card)が必要になる。通常であれば2年間のVISAが交付される。そう、2年ごとに更新が必要なのだ。チェコに来て4月で丸4年、二回目の更新の時期がやってきた。

スポンサーリンク

書類を準備しよう。

必要な書類3点と費用は以下の通り

  • パスポート
  • 雇用先からの契約書
  • 内務省指定のフォームの住所指定
  • 1500コルナの更新費用(別途カード交付時に発行費用1000コルナ要)→収入印紙で持参

内務省の予約をしよう。

予約なしでもいけるが、予約をした方がスムーズ。(予約の仕方は前の記事参照)最近はシステムが整っていて、思い立ってから数日後の予約が可能。ちなみにオンラインで予約する際に用件(Agenda)選択するが、今回選択したのは「Applying to Employee card」だ。

内務省へ行こう。

住所にもよるのかもしれないが、だいたいプラハに住んでいれば、プラハ6区のDivoka Sarka近くの内務省に行くことになると思う。まず中に入ると端末があり、その端末は英語にも切り替わるので、「予約済み」を選択し、自分の名前をタッチ画面で選択。予約時間の15分前から表示されるようだ。番号札が発行されるので、その番号が電光掲示板に表示されるまで、待合室で待機。

窓口で申請しよう。

電光掲示板に番号が表示されたら、指定された窓口へ行こう。そこで申請書類を出せば、基本は言われるがままに書類にサインをすれば、申請番号が記載された受理のレターが発行される。

(実は私の場合は、私が住むマンションが少し特殊だったようで、「マンション組合が大家に、私に家を貸すことを承諾しているという書類が必要であった。もし追加書類を要望されてしまった場合には、後日郵送でその書類を送付することができる。)何が必要なのかわからなくても、必要な書類をいつまでに送らなかければならない旨のレターを渡されるので、何がなんだかわからなくなっても、その書類をもって大家に相談しよう。→こういったことに対応してもらうためにも、協力的な大家を選ぶことは非常に重要。だから私は引越しをしない。)

ウェブで手続きが完了したかチェック

VISAが発行されるまでには申請から2か月前後かかる。申請から1か月半くらいたったら内務省のホームページにあるエクセルファイルをダウンロードして(リンク)自分の申請番号が出てくるかを確認しよう。エクセルファイルは、申請場所毎に番号が書かれているが、自分の番号をエクセルの検索機能にかけてみよう。

内務省から電話が来た!

私が書類を内務省に提出したのは2月26日、そして追加書類を郵送したのが3月18日。そしてエクセルファイルに私の申請番号が登場したのが4月25日だ。実はそのエクセルファイルを仕事場でちょうど見ていたときに、内務省から電話があって、書類が受理されたとのこと。以前は絶対に英語などしゃべってくれなかったが、最近の内務省は親切に、慣れない英語でちゃんとしゃべってくれた。その電話で、指紋採取日の指定があった。「4月30日の朝9時50分でいい?」と聞かれたので、「OK」と答え、予約完了。

内務省へ再度行こう

指定された時間の10分前に内務省に到着。依然と同じように端末にまず行き、今度はOnline予約ではなく「Biometrics (指紋)/ Invitation」を選択。するときちんと自分の名前が表示されていた。そして以前と同じように番号札を受け取り、その番号札番号が電光掲示板に表示されると、指紋採取のできる窓口に通された。

写真と指紋を撮る!

まず指紋を取る。チェコ語が分からなくてもパソコンに表示された指を出せば、対応できる。そして次に写真を撮る。写真はこれでいいか確認してくれる。正直写真写りが最悪だったが、「もう一回」と言う勇気はなく・・・

そして最後にカード受け取りの日付を指定され、OKから聞かれる。私が指定されたのは5月21日の朝8時50分、3週間後だ。特に問題なかったのでOKと伝え、その日付が書かれたレターをもらう。

収入印紙を購入しよう

申請時の1500コルナとカード受領時の1000コルナは現金で払うのではなく、収入印紙を事前に購入して、当日持参する。この収入印紙は郵便局で買うことができる。収入印紙はチェコ語で「Kolek(コレク)」という。

スポンサーリンク

再再度内務省へ行こう

指定された時間に内務省へ向かう。しつこいがまた端末へ行き、前回と同じくInvitationを選択し、自分の名前をタッチすると番号札が発行される。そして自分の番号が電光掲示板に表示され、指定された窓口へ向かう。

この時必要なのは、パスポートと古いバイオメトリクスカード(VISA)と1000コルナの収入印紙。まず窓口に設置されている液晶ディスプレーで情報がしっかり入っているかを確認させられ、OKであれば2か所にサインをさせられ、カードが発行される。

3か月ほどかかる就労VISA(バイオメトリクスカード)取得まで行程は以上の通り。私のようにチェコ語ができなくても気合で乗り切れるが、不安であれば申請時だけでも通訳を雇うのも安心できるかもしれない。

How To 海外転職カテゴリの最新記事